bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

愛がすべて

 平日ではあるが、今日はバカボンはお休みです。 昨夜は、遅くまで先週の競馬の結果を整理していた。

 久しぶりに、Hiroshi Hayashi のユーチューブを観ながら(聞きながら)ベッドに入る。 だいたい、ユーチューブを聴きながらベッドに入ると30分以内に
は寝てしまうのが通常である。
 面白い夢をみた。 夢の中でミュージックが流れている。 そして、周りには若い連中がいて、バカボンが歌詞の説明をしていた。
 「いい歌じゃないか、これはさ、金がなくて君にはダイヤの指輪も何も買ってやれないけど、僕の愛だけは、いつまでも君のものだよ。」
 そんな説明してたけど、さあ、歌のタイトルは分かりますか?
 目が覚めてから、何だっけ、何だっけ。 どうしても歌のタイトルが思い出せない。
相当古い歌なのは分かる。 特徴的なのは、ボーカルが女性? と勘違いするような声。
 早速、ネットで ファルセット で検索したが出てこない。 ラブソングでもダメ。
なんと、ディスコミュージックでヒットしました。


 スタイリスティクス の 「愛がすべて」
 あー、なるほどな。


Can’t give you anything ( But my love )


「But」 って、ヤッカイな単語ですよね。


上の英文を日本語訳したら。


 君には何もあげられない(しかし、僕の愛)


 オカシイでしょう。 日本語にならない。


 この場合の but って、~を除いて とか ~のほかには の意味の前置詞なん
 ですよね。
 他にも、 not A  but B    Aではなくて、B なんかは、よく使い
 ますよね。


 いい歌だな。 「愛がすべて」 だとか サイモントとガーファンクル の
「明日に架ける橋」 なんか、ちょつと落ち込んでる 女性に唄ってあげたら 一発で
 ものにできそうなんだがな。
「何? その前に今の若い娘たちは、何を唄っているのか意味が解らない。」だと。
 そうなんだよね、ゆとり教育の弊害がナンパにも影響している。 困った現実だ。