bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

新潟記念 回顧

 う~ん、ブログは更新してないのに毎日アクセスがあると辛いな。
会員向けのレポートで忙しくて、なかなかブログを書く余裕がありません。
 どのへんの方がアクセスしているのか判りませんが、一応、bakabonbakenのブログとしてますので、競馬関係で何かヒントを探している方がアクセスしていると
判断して、新潟記念のお話をします。
 前回、誕生日馬券として 09番から04番、07番、11番を予言しましたが、
断り書きに 14頭ならば と書いてあったのを覚えていますか。
 実際には、13頭となり、その時点で当たることはないのは分っていましたので、
掲示板の方で テンション ⤵ と書きました。
 いい加減な事を書いている訳ではない理由を披露いたします。


 昨年、第53回 新潟記念 で、バカボンは、12番人気のカフジプリンスを軸馬とし
ています。 もちろん、1着など期待していませんでしたが、その旨はブログにも書いて
ますので、昨年のブログを観てもらえばわかります。
 では、なぜそんな人気薄の馬を軸馬にしたのか( 結果は、3着 複勝 710円 )
種明かしです。 そして、それが先週の新潟記念の予言の根拠でした。


2017年 サマー2000シリーズ


 最初に断っておきますが、2018年は同じ数字ではありません。


 2017年は、施行回数 正循環の馬番 起点91 と
             逆循環の馬番 起点94 が 同時に該当する馬が3着以内
 でした。


    第53回 七夕賞    マイネルフロスト  2着
    第53回 函館記念   ルミナスウォリアー 3着
    第53回 小倉記念   タツゴウゲキ    1着
    第53回 札幌記念   ナリタハリケーン  2着


 そして迎えた、第53回 新潟記念 でこの条件を満たしていたのが、
              
                  07番 カフジプリンス
 であった訳です。


  2018年 の数字で計算した時浮上してきたのが、09番であったので、これは
 あり得ると判断したブログだったのですが、残念でした。


 実は、1頭指名とはいきませんが、サマースプリントシリーズでも同じように施行回数
 の起点が成り立っています。
  日曜日には、ラストとなるセントウルステークスがあるわけですが、もうバカボンの
 軸馬の馬番は決まっています。
  会員には、報告してありますが、まだ時間もあるわけですから調べてください。
  何事も、自分で調べる、自分で検証しないとその内容に自信が持てません。
 他人の言ってる事を鵜呑みにしても後悔するだけですからね。


 最後にこれだけは言わせてくれ、「オレ、WOWOW に入るから。」