bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

色彩を持つ石黒恵子の色追い馬券(フィクション)

 「こんにちは。」

 恵子がやってきた。 わずか3ケ月前、覇気のないうなだれていた女がこんなにも見違える様にいきいきしているとは、もう、昔の男の事は忘れてしまったのだろうか。
 「よ~、今日はなんだかテンション高いね。何かいい事でもあったのかな。」
 「バカボンが、男を見る目がない。って言うから、私いい男を見つけたの。」
 「へぇー、オレ以外にいい男がいた。そりゃ~おめでとう。」
 「青い目をした、可愛い男よ。」
 「誰だ!そいつ!」
 「へへん、ルメールさんとデムーロさん。」
 「なんだ、騎手のことか。」
 「バカボン、よく書いてたわよね。 9Rは、デムーロのためにあるようなレースだ。
  とか、10Rは、ルメールのためにあるようなレースだ、とか。 その意味がね、
  解ったのよ。」
 「ほ~、さすが色の世界で生きてきた女だ。 やはり、目のつける男は、色関係か。」
 「それでね、私、実は、あの時からずっと複勝を転がしているの。」
 「複勝コロガシ!よくそんな言葉知ってたね。」
 「だって、昔の男競馬好きでね。 それで、負けるたびにお金を貢いでたって訳。」
 「去年の宝塚記念なんか、キタサンブラックは強いから絶対1着だ。なんて、100万
  も買ったのに、9着よ。 もう、やってらんないわ。」
 「だから、男を観る目がない。って言うのさ。それで、何を買ったのか教えてよ。」
 「いいわよ、複勝コロガシ 1万円からのスタートで~す。」
 「お~、単勝じゃないんだね、オレ、短小だけど。」
 「また、始まった。 バカボン短小なんかじやないわよ。 男の数なら(赤面)私も
  経験が豊だし・・・」
 「わかった、わかった、早く教えろ。」


  クリストフ・ルメール 10R


  6月30日 1回函館5日 レッドオールデン  2着  複勝110円
  7月 1日 1回函館6日 ゴールデンブレイヴ 1着  複勝180円
  7月 7日 2回函館1日 ゴールドギア    1着  複勝110円
  7月14日 2回函館3日 ヴィルデローゼ   2着  複勝130円
  7月15日 2回函館4日 マサハヤダイヤ   1着  複勝240円
  7月21日 2回函館5日 シャイニーゲール  1着  複勝200円
  7月22日 2回函館6日 レイエンダ     1着  複勝110円
  7月28日 1回札幌1日 キングリッド    2着  複勝130円
  8月 4日 2回新潟3日 グロンディオーズ  1着  複勝130円
  8月 5日 2回新潟4日 レッドラウダ    1着  複勝130円


  「1万円がね、32万円になったのよ。複勝コロガシって面白い。」
   彼女は、コロガシの怖さをまだ知らない。 いつか、地獄に突き落とされる。
  だいたい、10回続いたら、そろそろ危険と判断するのが正解なんじゃないかな。
 
  「じゃ~、デムーロの方も聞いておこうか。」
  「デムーロさんも、1万円からのスタートです。でもね、気になったのはね、
   デムーロさんはもちろんくるんだけれど、隣の馬もよくくるのよね。
   なんだか、両方買いたくなるの。」
  「だめだめ、浮気はするんじゃない。 複勝はさ、1頭に勝負を賭ける方が結局
   は得だよ。 安くてもネ、とにかく増えればそれでいいのさ。」


  ミルコ・デムーロ  9R


  6月30日 3回中京1日 スラッシュメタル  2着  複勝220円
  7月 1日 3回中京2日 フォイヤーヴェルク 3着  複勝130円
  7月 7日 3回中京3日 メルヴィンカズマ  1着  複勝140円
  7月14日 3回中京5日 ジョイフル     3着  複勝200円
  7月21日 3回中京7日 アドマイヤマーズ  1着  複勝120円
  7月22日 3回中京8日 シャドウブリランテ 2着  複勝120円
  7月29日 2回新潟2日 レジーナドーロ   3着  複勝110円
  8月 5日 2回小倉4日 アバルラータ    2着  複勝110円


  「デムーロさんは、1万円が14万ね。でも、8回だからね。」
  「そうだな。 150円があと2回当たれば、32万円ぐらいにはなるよ。
   で、いつまで買い続ける気なんだい。」
  「え~、まだまだずっと買い続けるわよ。」
  「それは勧められないな。 何事にも終わりってものがあるだろう。」
  「そうなの? バカボンがそう言うならそろそろ止めて、他の男を見つけるかな。」
  「それがいいよ。 他にもゴロゴロいるぜ。」
  「武 豊なんて、どう。 豊の中には 豆 が入ってるし。 それとも、色 
   で攻める~~~?」
  「バカボンが言うと、なんかやらしく聞こえるのよね! マジ、ルパン3世
   みたい。」
  「そんなこと、ないっけどもよ~」
  「ホラ、その気になってる! 私帰る。 他の男探す。時間がもったいない。」


   どうやら、石黒恵子の色追い馬券はまだ続きそうだ。