bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

朝日のあたる家

 「ねえ、ケン。 お父さんは何をしているの?」

「マザー。オヤジですか? オヤジはギャンブル狂でね、ニューオーリンズに入り浸って
ましたよ。 なんだか、バカボンの競馬予想は当たるからってね、いつもスーツケースと
トランクを持って、競馬場に行ってましたよ。 バカボン予想だって、へっ、あんなもん当たる訳ないよ。 帰ってきたら、いつも酔いつぶれてましたよ。」
 「そう、じゃぁお母さんは、何をしているの?」
「おふくろですか、仕立てをやってます。小さいころ、僕にブルージーンズを縫って
くれました。」
 「まあ、優しいお母さんなのね。」
「でも、貧乏に耐え切れず、つい魔が差したっていうかな、麻薬に、窃盗、強姦に最後は
人まで殺めてしまった。  何の計らいかわわからないけど、ここへ送られてきたって訳さ。 ところでマザー、何でここは「朝日のあたる家」なんて呼ばれているの?
 最初はさ、きれいな山の上にある、広い一軒家を想像してたんだけど、まるで廃墟じゃ
ないですか。 若くて貧しい子供達ばかりが集まってさ。
  女どもには、まるで「娼婦の館」、男どもには、「監獄」ってとこかな。」
 「ケン、いいこと。 過去は過去なのよ。
  これからの人生、そうね、太陽がまた昇って行くように、
 「朝日の昇る家」って呼ばれるようになったのよ。」
「マザー、あいつらに言ってくれよ。 決して、オレがしでかしたことをするなって。
 罪と惨めさの中で、生涯を送るなよって。」
 


 バカボンが大学時代ボーカルを始めたころ、どうしても歌いたかった歌が、
アニマルズの「朝日のあたる家」です。 
 スローな曲だったので、歌詞も覚えやすかった。
 作業をしている間、BGMにユーチューブを聴いていたら、これが入ってました。
とても懐かしく、なんだかちょっと触れてみたくなりました。
 多分、全世界でナンバーワンのヒットチャートを獲得した曲だと思います。
 ぜひ、一度ご視聴ください。