bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

1週間前の予告

 ショックです。 パート2を書いたらパート1を消してしまいました。

ブログを書いていて書き直す事ほど嫌な事はない。 最初に書いた時の情熱?が失せる
からである。
 書いた内容はもちろん覚えているが、書き直すとつまらない内容に思えてくる。


「皐月賞は、8枠がくるから8枠から買えよ。」
「お前に言われたくない。 オレが、何年競馬をやってると思うのよ。」
「競馬歴なんて関係ないよ。 俺は、別の角度から競馬をみてるんだ。」
「それって、何。 高本式か?」


 ドキッ、まさに高本式なんだろうね。


1988年 第48回 皐月賞


      1着 1枠 01番 ヤエノムテキ    9番人気
      2着 8枠 16番 ディクターランド 14番人気
      3着 1枠 02番 サクラチヨノオー  2番人気


      枠連 1-8  6、940円


 というレースであった。 馬連があったら、いくらついてたろう。


 ヤツとバカボンは、高校時代の友達であり恋敵であり、競馬友達、マージャン友達
 パチンコ友達。  なにやら、好みが似ていたようだ。
  ヤツは、柔道部のキャプテンであり、バカボンは剣道部のキャプテン
 二人が共に恋心を寄せていたのが弓道部の女の子であったことは、我々二人の間を
 巧みに接近してきた友達から判明した。
  「オイ、どうする。 Tに言っとくか。」
  「いいよ、余計な事するな。」
 ヤツもバカボンも信じてもらえるかどうかは疑問だが、高校時代は女の子の前では
 顔も赤くなるようなシャイな青年であった。
  いつから、変わったのかな~  まじ、「ルパン3世そっくりだね。」
 誰かに言われた言葉を思い出す。
  誰かの結婚式の前は、午前中にマージャンするのが決まり事のようになっていて、
 ヤツの結婚式の時も、「人和」という珍しい役満を上がった。
  持ってきた、ご祝儀が不要になったので、2次会はバカボンが持つことになった
 のを覚えている。
  嫁さんを一目みて、やっぱ、あいつとオレの好みは一緒だなと思った。


 話は、皐月賞に戻って、なぜ8枠と思ったのか。 それは、1週間前にこの馬が
 いたからである。


         8枠 ジーガー「サツキ」


 16頭中 16番人気 大差負け の16着


 何で、こんな馬が皐月賞の1週間前に出走するのか。 


 People seeing without watching


 よ~く観ないで、ただぼんやり見ていたって何もみつけられないんですよ。


 最近、万馬券に繋がったレースとしては、第41回のエリザベス女王杯 がある。


第41回 エリザベス女王杯
   
     1着 03番 クイーンズリング
     2着 09番 シングウィズジョイ


     馬連 13、710円


やはり、1週間前の土曜日の新馬戦で


        09番 オール「エリザベス」


という馬が、9番人気で登場していた。
バカボンの目の前のカレンダーには、赤書きで「エリザベス 09番 注意!」
と書いてあったことは、ブログを観ていた方ならご存知の事と思う。
 やはり、書き直しの記事なので一部プライベートな部分は割愛した。
またいつか、機会があったら書きましょう。 ヤツはとんでもない親不孝者で、
学生時代にノミ屋で1千万の借金を作った奴だ。 でも、ご心配なく、立派な歯医者
さんになってます。 借金も、1年で返済してますから。