bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

狐とタヌキの化かし合い

 先日久しぶりに( 本当に今までこんなことあったけか )9時開店と共に、とあるスーパーに買い物に出かけた。

 スーパー内は、まだ大きなカゴ車や台車がゴロゴロあり歩くのもままならない。
「何だ、この店、まだ開店の準備ができてないのか。」 気分悪し。
何処のお店もそうなんでしょうか。 現状はよく知らないものですから、勝手に書いてます。 コンビニなんかでも、たまに見かけます。 レジに係の人がいなくて、「オーイ、
持って帰るゾー」 慌てて、現れます。
 忙しいのは解るんだけど、お客さんが第一優先なんじゃないの!!!


実は、そのスーパーで面白い場面に遭遇した。
 係の人は、新しい品物を奥に入れ、古い品物を手前に置く。
まあ、原則なんだろうね。
 そこに、何たってベテランのオバサンが登場する。
日付をチェックし、慣れた手つきで奥の方から最新の品物を取り出し買っていく。
思わず笑ってしまいました。 狐とタヌキの化かし合いか。
 今日、百も承知のオバサン方にそんな小細工は通用しない。 せっかく、きれいに
並べられた品物も、グッチャグチャ。
 最初から、取りやすいように並べてやったらいいのにね。
 また、別の所に行くと、またまた不思議な場面に遭遇した。
台車に乗っていた品物を裏の方に持って行ったかと思ったら、また戻って来て並べ始めた。
 不思議に思い聞いてみた。
「何かあったんですか。」
「実は、昨日入った品物がそっくり残っていて、今日入った分は、そっくり冷蔵庫に
 しまっておくんですよ。」
 という事は、必ず、1日遅れの品物を売っているわけか。
 バカボンの事だもの、こんな時は、「なんでだろ、なんでだろ~」 と考えてしまう。
 まだ、ほとんど、売れ残っている品物で、なおかつ前日の品物を持ってきて、今日
入った品物は冷蔵庫にしまっておく。
 どう考えても、この店の責任者はバカとしか思えない。(許してたもれ!)
 要は、市場管理というか、どのくらい売れて、どれだけ仕入れたらいいのか、その辺の
ことが解ってないからこうなるんだろ。
 係の青年は、グチ一つ言わず一生懸命「後入れ、先出」に悪戦苦闘している。
 こりゃ~開店前になんて間に合いっこない。
  おもわず、「オレの仕事手伝わないか。」 と声を掛けたくなる。
かといって、彼にバイト代払えるほどの会費ではなく、バカボン一人で頑張っている。
 お客様第一主義とか謳っていながら、はたしてこれがそうなのか疑問である。
  売れ切れごめん は、好ましくないかもしれないが、毎日お客様に最新の品物を
提供してこそ、お客様第一主義なんじゃないのかな。
 品切れになったら困る。 そんな意識が逆に購買意欲を掻き立てて好循環につながる
ような気がするのだが。
 賞味期限が短い品物しかなかったら、無駄遣いしたくないお母さまたちは、遠慮しがち
になる。 売れ残り、前日の品、完全に悪循環に嵌りこむ。
 こんな、単純な事なんで気が付かないかな。 業者との裏取引でもあるのかしらん。