bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

思い出話が続くけど

 「河内のオッサン」のリクエストにお応えして、昔の話。

競馬に関する昔の話なのかな? 今日も昨日に引き続きバンド活動について。
 学生時代はロックバンドでしたが、社会人になってからは △&△企画 音楽に関する
なんでも屋をやってました。 高価な機材を揃えれば少しでも金になるのならどこへでも
行く。 最近(当時の)は、高校の文化祭でもPA一式オペレーター付きで依頼してくる
学校もあった。
 秋から春にかけ毎月、多い時には月3回お声がかかるのが、ダンスパーティーである。
企画には、所有しているバスがあり、それに機材が積んであり、すぐに出かけられる。
 自分たち自身のバンドを持っておりどんなジャンルでも演奏できた。
 もともと、皆昔はセミプロのメンバーでプロでも通用するだろう人物もいた。
 バカボンもそうだけど、最初からプロになるつもりなどない。 
趣味の延長線上での活動であった。
 「やめた方がいいよ。」 忠告したのに、メンバーの女の子で、プロ歌手になった奴
もいる。 「湯川玲子さんが、曲を作ってくれたの。」
 「あっそー、そりゃあ、確かに 浅田△△子 より歌は上手いさ、だけどプロってのはさ…」   一度燃え上がったら止めることなどできやしない。
 何年か後に健康ランドだか、スーパー銭湯だかで唄ってた話は聞いたが、
テレビなんかで観たことはない。
 ギャラはでるのかな、浴衣姿の爺さんバアさんに聞かせるためにプロになったのか?


バカボン自身ダンスをやるので、曲の順番はお客さんが盛り上がるように編成する。
 初心者もいるから、ブルースやジルバの曲をやや多めに取り入れて、ドドンパやディスコ、上級者にはサンバ、あとは人気のルンバ、ワルツ、チャチャチャにタンゴさすがに
パソドブレだけはやらない。
 これだけの種類を演奏できるバンドは、うちらぐらいでなかったかな。
 結婚式のバックで演奏したり、お祭りに呼ばれたらのど自慢のバックバンド、
ホテルでのバック演奏とにかく金になるならどこへでも行った。


 パーティーも残り5、6曲になるとバカボンの出番、ジャズのスタンダードナンバー
からラスト2曲はいつも決まっていて、「メリージェーン」と「そっと、おやすみ」
 自分自身ダンスをやる身とすれば、踊っている男女が羨ましくてしょうがない。
 何で、自分はこんな時に唄っているのかな、そんな事を考えながらメリジェーンを唄えばおのずと気持ちがこもってくる。
      makes my heart cry oh oh oh ~
曲が終わり、ザワザワしだしたら、「そっと、おやすみ」 で送り出すのだが、
 どう見てもあの2人、雰囲気が怪しい。 これからどこへ行くのかな?
そっと、おやすみどころじゃないよね、朝まで燃え上がっちゃうんじゃないの エ~~~