bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

福島競馬場 開設100周年

 1回福島初日 吾妻小富士賞  16頭 1着 13番 エリシェヴァ


バカボン予想の本命は、13番 エリシェヴァ で対抗を 04番 ショウナンマッシブ
にしたと思う。
 もちろん、桜花賞の13番 アーモンドアイ を睨んでのものでもあるが、それだけで
はない。 16頭の場合、04番は正100番、13番は、逆100番となる。
 むか~し、昔、JRAのキャッチコピーが 「好奇心100%の競馬です。」
という時代があった。 何10年も前だが、詳しく書くと歳がバレるので避けよう。
当時は、仕事もせず競馬で稼いで遊びまくっていた時だが、競馬の研究だけは朝から晩までやっていて、100の数字にちなんだサインを発見し、ボロ儲けしていた。
 以前、どこかで書いているはずだ。
 今回、この福島競馬場開設100周年からも一つの仮説を立て、その結論から導いたのがエリシェヴァであった。 単純に、逆100番です。


 「え~、そんな根拠でブログ予想してるの、信じられな~い。」
 「だって、当たったから、いいじゃないか。」
 「そう言う、問題じゃないの。」


 日曜日はみごとにハズレなので、タマタマだったのかもしれないが、2回目はわざと
外してくるのがJRAの常套手段。 UFOの隠ぺいにも、本物の中に偽物を混ぜて
な~んだ、ってのがあるでしょう。 今度の土曜日が正念場、嘘か真か見定めたい。


★ 津村明秀 12R 起点24 について


 馬券仲間から、「某掲示板に書かれたよ。」 と連絡がありました。
 同じ手法で算出しているのだから、だれもが同じ結論に達します。 金を取って予想するか、バカボンのように無責任に発表するか、人それぞれ。
 バカボンは、ただお役にたてればの思いで、競馬予想を生業にしているわけでない。
 バカボン理論をだれが使おうとまったく自由です。
 「オレが発見したんだよ。」 そう言ってくれてもかまいません。
 だいたい、某掲示板に書かれて全国区になったサインは、もう終わりと判断してくだ
さい。 1着、2着が津村明秀 起点24 で、3連単100万馬券は、打ち上げ花火
終わりの印と考えます。


 
 ふと、羽生結弦がソチオリンピックのショートプログラムに使った、ゲイリー・ムーア
の「パリの散歩道」を聞きたくなって、ユーチューブを観た。
 連鎖的に、サンタナの「哀愁のヨーローパ」を聞きたくなって、サンタナのライブを
1時間程聞いていた。 挙句の果ては、ギターを引っ張り出してきて練習しだした。
 ギブソンなんて買えなかった時代、グレコのレスポールでも10万はした。
 複雑怪奇な曲が多くなった現代、バカボンには学生時代の曲が懐かしい。
クララ(龍角散みたいなやつ)を飲んで、1週間朝から晩まで喉をつぶして歌い続けた
学園祭。 あ~、あれが青春だったのね。 ロマンチストの今週です。