bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

第78回 皐月賞 考察1

 昨日書き忘れていました。 桜花賞の1点サインは ねじれサンド です。
2年前の有馬記念と同じパターンですね。 昨年も何度か重賞に使われましたが、今後のGⅠではしばらくは使われないでしょう。


10R 大阪ーハンブルクC  11R 桜花賞        12R 梅田S


01番            ラッキーライラック 2着     松若風馬


13番  松若風馬      アーモンドアイ   1着


2016年 第61回 有馬記念


    9R ホープ    10R 有馬記念        11R ハッピー


01番           キタサンブラック  2着     シュミノー


11番 シュミノー     サトノダイヤモンド 1着

 

 意外と本命サイドの時に使ってくるのかもしれません。 ど真ん中の直球は見逃すとでも言おうか、疑い深いバカボンとしてはみえみえのサインは買わない。いや、買えない。
 さて、第78回の皐月賞、先週の第78回桜花賞や第78回の菊花賞の結果を理解でき
れば的中できるのではと思うのだが、どうでしょうか。


1、優先出走権 獲得馬


  第55回 弥生賞   1着 ダノンプレミアム  出走回避
             2着 ワグネリアン
             3着 ジャンダルム


  第67回 スプリングステークス
             1着 ステルヴィオ
             2着 エポカドーロ
             3着 マイネルファンロン


  若葉ステークス    1着 アイトーン
             2着 ダブルシャープ


  ちなみに、補足説明としては、若葉ステークスは6-6のゾロ目決着でした。
  フィリーズレビューも5-5のゾロ目で、リバティハイツ、アンコールプリュは
 桜花賞で機能しなかった。 てか、全滅でしたね。


 話は跳んで、昨年神戸新聞杯を勝った レイデオロ は、菊花賞に進まず、JCへと
向かった。 なぜでしょうか。 
 菊花賞が第78回の開幕戦だったからですよ。 今年の皐月賞も第78回の開幕戦
ダノンプレミアムが出走しないのもそのためですよ。
 先のある馬は、禁断の木の実には手を出さない。 もの言わぬサラブレットなれば
出走回避の理由など、どうにでもなると言うものだ。
 禁断の木の実を食べてしまった キセキ 君、活躍の場が制限されたどころかひょっと
したら再起不能かもしれないな。
 次に、阪神ジュベナイルを勝った ラッキーライラック の 1つ前のレース、
アルテミスステークスから注目するポイントを1っ。


     ラッキーライラック   正13番 逆03番
 カク地 ミスマンマミーア    逆13番 正03番


つまり、ラッキーライラックは、地方馬のゼッケンも同時に持ち合わせて1着した、
という事なんですよ。 2歳チャンピオンは、すべての2歳の代表として1着となった。
 皐月賞は、日本ダービー ではないから、必ずしもすべての代表とはならないが、
地方馬も代表してる隠れたメッセージが込められていてもおかしくない。
 注目すべきレースは、第67回の開幕戦 スプリングステークス に、なぜ地方馬の
ハッピーグリンが出走してきたのか、そして、その馬番はなんであったか。


 カク地 ハッビーグリン  正06番 逆08番  そして、勝ったのが
     ステルヴィオ   逆06番 正08番


開幕戦には、開幕戦勝者がよく似合う。


第78回 皐月賞 を勝つのは、  ステルヴィオ   しかいない。


あら、考察のつもりが結論まで書いてしまった。 どうしよう・・・