bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

3回中山4日 ゾロ目の1日

 理由がどこにあるのか現状では解らないが、日曜日の競馬はゾロ目のオンパレードだった。 朝の2、3レースでその日の流れを判断せよ、と書いたことがあると思うが、この日は 「ゾロ目の日」 だなと判かりました。 そうなるとメインレースも考え直さなけ
ればいけないな。 そんな1日だったのですが、1Rからのバカボン奮闘記をみてください。 絶対参考になると思うのだが、食いつきが悪いのはGⅠレースしか興味がないので
しょうか。 桜花賞だって、今年は面白みに欠ける。 バカボンとしては、断然人気の馬
が勝つようなレースは、馬券的に興味がないのですよ。


中山1R 枠連ゾロ目(1着、3着)


 単勝10倍以下の馬は4頭、人気順に03番、02番、12番、04番。
 バカボンが着目したのは、12番ドヒョウギワ 蛯名正義
 エビ(ロブスター)は6、だから蛯名や武(ム)は、2番、6番、12番で注意せよ。
 と、言っているわけです。
    12R                      1R    2R
02番                         ミナリク
03番       マーガレットスカイ 1番人気 1着 内田博幸


12番 内田博幸  ドヒョウギワ    3番人気 2着       藤田菜七子


 バカボンにとって、1Rはメインレースなみに勝負するレースです。 外れたら今日は

競馬はお休み、買い物にでも行くか、久しぶりに休めるわい。
 運よく的中すれば、今日の負けは無し、浮いたお金で遊べるわい。
そんな感じでスタートするのですが、なぜか毎週競馬ヅケ。 午前中は強いんですよね。
 複勝 ワイド で勝負、馬連1点、3連複は穴目を期待しての5点でしたが、
 複勝 160円  ワイド 280円  馬連630円  3連複 1、370円
まあ、これで今日の負けはなくなりました。 一度出金して、入金し直そうかなと思いましたが継続。 なぜかと言うと、人間って弱い生き物だから、調子に乗っちゃうと、つい
イケイケGO、GOで気が付いたらゼロ回収とか、マイナスになってた、てなことになる
からなんですよ。 バカボンも何度経験したことか。
 師匠のオバサンを見習って、「生活かかってるから、負けられないのよ。」
肝に銘じたい。 うわ~、今日は長くなりそう。 分割するかな。
 さて、ここで注目しておきたいのは、
 1. ミナリクの隣がきた。
 2. 藤田菜七子の前がきた。
 つまり、サインになるのかな。 それが、第1印象でしたね。


中山2R 枠連ゾロ目(1着、2着)


 単勝10倍以下は、5頭。 4枠と7枠に2頭づつ入っている。 
 ここは、藤田菜七子を信じて 13番 ホウオウスクラム 2番人気 の複勝とワイド
 人気馬4頭に流しました。 相手が1番人気であった場合、馬連よりもワイド2点的中
 の方が配当は高くなることが多い。 1番人気でなければ、ワイドが美味しい。
  ドバイのせいで寝坊したため、お風呂に入ってなかったので、馬券を買ってから
 お風呂に入った。
  バカボンにとって競馬は神聖な行事、身を清めることから始まる。
  複勝 120円    ワイド 180円 と 450円
 やはり、馬連410円 を超えました。


        12番 藤田菜七子
     7枠 13番 ホウオウスクラム   2着
     7枠 14番 ヴィータ       1着


 この時点で、今日は「ゾロ目の日」だなと判断しました。 外れたとしてもゾロ目を
追いかけるか、そう決めました。  もう充分に儲かっているからこそできることで、
ハズレているときには、そんな心の余裕などでてきません。
 不思議なものでね、正のスパイラルに巻き込まれると、どんどんツキが寄ってくるもの
なんですよ。 それが、3Rでした。


中山3R 表裏ゾロ目(1着、2着)


 ここも、単勝10倍以下は5頭。 5頭超えると的が絞りづらい、いやなレースでは
あるが、複勝が期待できる分楽しい馬券が買える。
 6枠に2頭入っていたので、最初はここかなと思いましたが、実は5頭の中で3頭が
馬体重10k以上の変動があり、嫌な予感がしたのです。
 残っているのが、04番 バルトフォンテン と 07番 ラカージェ(結果は3着)
サイン競馬に馬体重は関係ない。 とは言ってますが、まだ十分に演技のできない未勝利クラスのレースでは馬体重の増減は判断基準のファクターとなりうると思います。
 04番が2番人気、07番が4番人気。 04番 バルトフォンテン を選択。
 複勝と馬連、ワイドを4頭へ。  遊びのつもりで、04-13の馬連も買ってみた。
 複勝 160円  馬連 10、410円  ワイド 2、750円 と 630円
「ついてる。」 そう感じざるを得ません。


     2R            3R          4R
03番                 北村宏司
04番 ショウナンアイシス 北村宏司 ルトフォンテン 1着 ヴェラヴァルスター
05番                パーキー


北村宏司のP/P 、本来なら03番自身の方が優位なのではあるが、その辺は人気とか
その他のファクターで判断したい。 頭文字 「バ」「パ」 の並びが異様でした。


中山4R 障害レースなので ゾロ目なし


 障害レースは基本的には参加しませんが、シロクニ 4番人気の複勝だけ買いました。
 その理由など単純なものですよ。


     3R       4R             5R
02番 藤田菜七子   シロクニ 4番人気 2着    ミナリク


 GⅠレース当日、裏開催に参加している藤田菜七子、今日が最後の騎乗となるミナリク
競馬の話題作り(実際、バカボンが発信しているのだが)に、JRAが利用しない訳がない。 そこを、逆手にとるのがサイン派なのであり、バカボン馬券の神髄である。


中山5R 表裏ゾロ目(1着、3着)


 ここは、単勝10倍以下は4頭。 面白みには欠けるが、軸選びは簡単。
 01番 サトノディード 2番人気  の 単勝、複勝とワイド01-15が勝負、
 馬連は3点。
 単勝 340円  複勝160円 ワイド 320円 嬉しいものだよ、非常に大きい


          5R          6R
    01番 サトノディード 1着   藤田菜七子
    02番  ミナリク


中山6R 唯一ゾロ目決着にならなかったレース


 単勝10倍以下の馬は5頭、2枠と8枠に2頭入っているので軸はその4頭から決めたい。 バカボンの場合、軸と言うのは複勝を買う馬を言います。 必ずしも、1着の馬と
言うわけではありません。
 ここは、藤田菜七子を信じて 16番ワールドヘリテージ 1番人気   を選択しま
した。 複勝 と ワイド 馬連 4点 でしたが、なんと3着とはね。
 複勝 140円  ワイド 440円 370円  馬連 だめなの~~~~


    16番 ワールドヘリテージ
    01番   藤田菜七子


 やはり、長くなりそうなので、後半は明日にします。 大丈夫、全部ゾロ目だから。
 バカボンはあまり3連単は好きではありません。特にマルチで数10点、なんて予想家
 がいますが、ハズレた時のリスクが大きい。
  配当は小さくても、複勝1点にお金を賭けます。 馬連でも数千円です。
 複勝やワイドの勝負なら万単位で買いますが、着順はどうでもいいんです、3着までに
 上がってきたら、「よし、よし来たか。」 てな感じで、心臓に優しい。
  ほら、歳を取るとね、興奮してイッちゃう人もでてくるでしょう。気をつけなきゃ。
 「でも、バカボンさん。オイラ 1万なんて買えないよ。」
 そうかな、飲み代とか、女の子と遊びに行ったり、結構優雅にやってるんじゃないの。
 パチンコ、スロットに給料の大半を費やしたり、ゲームに嵌ってガチャに10万とか、
 そうそう、数年前に、「今日中に、10万必要だから貸してくれ。」
  いい歳をした同僚が来たことがあった。 「どうしたの?」
 携帯でガチャに10万使い、今日中に払わないと携帯が切られる、とか。
 「それは、自業自得。 給料日まで諦めなさい。」 そう言ったら、
 「携帯切られたら、ゲームができなくなる。」 だとさ。
  信用はできる人物なので貸してはやったが、呆れたね。
 翌月の給料日に、利息だと言って11万返しにきた。 
 「オレは、金貸しでないから利息はいらない。」
 それでも、気持ちだから受け取れときかない。 それで、提案した。
 「その1万、1ケ月預けさせてくれ。」
 その1万で複勝コロガシをして、1日で2万円を超えた。
 「確かに、利息としてオレは1万円受け取った。 しかし、まだ1万円残っているから
 預かったお金はお返しする。」
  証明として、コピーの馬券を添えて渡した。
 1、バカボンは利息として1万円手にしたので、1万円の得。
 2、彼は利息として払ったはずの1万円が返ってきたので、1万円の得。
 「両方、1万特」 みごとな、バカボンさばきであった。
 あれ、大岡越前の「三方一両損」になんか似てるな~    チャン チヤン