bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

先週の回顧 土曜日編

 いやはや、回顧と言うよりはつぶやきになってしまうのだが、土日でいったいぜんたい
何本の万馬券を取り逃がしたことであろうか。 取り逃がしたという事は、的中数ゼロと
いう事である。 この気持ちは、土曜日に始まり、さらに日曜日に加速した感がある。
 まずは、重賞レースから振り返ってみる。


 フラワーカップ


 人気(オッズ)を考慮して、トーセンブレスは本線に変えました。 馬単、3連複的中


★ ファルコンステークス


 勝ち馬 ミスターメロディー は、最初に本命にしようか悩んだ馬です。 中京3日目
 正逆90番の馬です。
  出走資格が変更された初年度のレース。 表裏ゾロ目の決着となりました。
 馬券は、枠連ボックス  2、4、5 を保険にしていたので、チャラです。
  このレースも、1枠の02番にマル外の馬ですから、この形の5枠が軸となるのです 
 が、ダノンスマッシュ の人気に騙されました。 やはり、10Rと11Rで、岩田と
 戸崎がPPですから、2組あるときは、ダブルキー(壁)のサインとなりますので、
 2頭とは言わなくても 壁 に接している馬 がポイントのようです。


 若葉ステークス


 何と言っても、「つまづき」」の始まりは、このレースだったかもしれません。
 阪神 芝2000m 。 何度も書いてますが、正逆15番。 ところが、当日5Rで
 初めて4着という結果になり、「あ~、ついに終わったか。」と思ったんです。
  まして、若葉Sの正逆15番は単勝万馬券の2頭、真剣に狙うには抵抗のある馬
 でした。 もともと、真剣に馬券参加するレースでもなかったので、3連単で
 1着はタイムフライヤー、3着に03番ロードアクシス 固定で100円総ながし
 の馬券を買いました。
  まさか、まさかのタイムフライヤーが5着。 ワイドが2つとも万馬券ですからね。
 やはり、トライアルレース 枠連 ゾロ目 でしたね。


★ 恵那特別


 万馬券をゲットするのにも、2パターンあると思うんです。


 1. 人気馬からながして、人気薄が2着になる。
 2. 人気薄からながして、勝負する。


 パターン1が通常ですよね。 運よく穴馬が2着に来てくれる。菊花賞なんかはその
 パターンで、ある程度安心して馬券も買えるし、非常にうれしい気持ちになる。
 パターン2は、覚悟が必要です。 よっぽどお金に余裕があるか、負けがこんでないと
 なかなか買えない。
  バカボン予想も、ここまで閲覧者が増えてくると、なかなか積極的な本来の自分の
 本命を軸にできなくなる。 まあ、専門家の予想に近くなってしまうことだ。
  もしも、大幅にマイナスで迎えたこのレースであれば、16番ミカエルシチー から
 馬券を買っていたことだろう。
  ここも、1枠の01番がマル地の形。 この形の枠は、1枠、2枠、8枠で、この中
 から軸馬を決めるべきだったのです。
  穴を狙うなら、バカボン予想の C の馬から馬券を購入することです。
  07番 ショウナンカイドウ  16番 ミカエルシチー
 一応、2頭を C としましたが、 「ミ」 は 6 。16番のミカエルシチー が
 バカボン 心の本命 だったのです。


☆ サイン馬 スターカットダイヤ  起点5


   9月24日 1000万下    起点5  ファッショニスタ  1着
  12月17日 妙見山特別     起点5  クラシコ      3着
   2月17日 1000万下    起点5  サウンドジャンゴ  2着
   3月17日 恵那特別      起点5  ミカエルシチー   2着


 「 タラレバ 」
   もしも、16番から馬券を買っていたならば、22、000円の万馬券を的中
  していたかもしれない。


  長くなりましたので、日曜日の回顧は明日にします。 10R 千葉ステークス
 75、990円ですか、 ドリームドルチェ も バカボン C 予想ですよね。
 アールプロセス の 性格? を報告いたします。