bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

平昌五輪 つぶやき

 2月21日 記


 予定通り、女子団体パシュートは日本の金メダルで終了した。 しかし、バカボンの
予想はハズレて金は3つで終了か・・・ 
 複合の渡部は残念であった。 後は、パラレル大回転の竹内智香にでも期待しようか。
第9回のヴィクトリアマイルでは、ヴィルシーナが11人気もなんのその、みごと1着
となり連覇達成した。
 竹内智香さんも人気薄のオバサン(失礼)かもしれないが、何かやってくれそうな期待
を持たせてくれる女性である。
 さて、バカボン的にはほぼ終了した平昌オリンピックであるが、連日感動をありがとう
と日本選手全員に感謝したい。
 高梨沙羅ちゃん、銅メダルだけどメダル取れてよかったね。 今の実力では、銅メダル
がベストの結果でしょう。  はたして、北京で金メダルが取れるかどうか、これからの
沙羅ちゃん次第でしょうね。
 ただね、忘れてはならないのは、沙羅ちゃんばかり注目されるけど、伊藤有希ちゃんの
存在が高梨沙羅ちゃんにメダルを取らせたのだ、と、バカボンは感じる。
 バカボン個人としては、伊藤有希さんにメダルをかけてやりたい。
 もう一人、バカボンのハートをグッとつかんだのは、アメリカ代表の長洲未来ちゃん。
ショートプログラムで転倒して、すでにメダル圏外ではあるが賞賛に値する。
 それは、トリプルアクセルにチャレンジしている点にある。 
公式戦で3人目の成功者である。
 何年か前の男子で、4回転で転倒し金メダルを取れなかった中で、4回転にチャレンジ
せず、3回転をそつなくこなし金メダルというのがあった。
 はたして、それがオリンピックチャンピオンと言えるのだろうか。
 もちろん、勝負事だから作戦の一つと言われればそれまでだが、真のチャンピオンとし
ては認めたくない。
 今年の女子は、ロシアにとんでもない女性が2人もいて、そりゃまあ完璧ですばらしい
のだが、ただ1点、トリプルアクセル、なんでやらないねん。 それだけ、不満である。
 羽生選手も4回転アクセルをモチベーションにまだ続けるらしいし、葛西紀明も北京
オリンピックで金狙う(ホンマカイナ)って言ってるし、オリンピックてのは、我々凡人
には到底たどり着けない地点で金メダルを競ってもらいたいな。
 クロスカントリーでしたっけ、スタート直後転倒したにもかかわらず、金メダル取っちゃったのは。 アンビリーバブルですよ。
 1992年バルセロナオリンピックでマラソンの谷口浩美選手が「こけちゃいました」
ってのがあったけど、コケても金、う~ん、最終レースで万馬券ゲットか・・・
 女子カーリングは幸運にも準決勝に進んだけど、男子や女子の試合を観てると、どうも
納得がいかない。 もちろん、素人のバカボンに何がわかるのかと言われそうだが、
 戦略と言おうか、戦術と言おうか、納得がいかない。 素人目にも、これじゃ負ける
よな、そんな試合が多すぎる。
 相手の石がハウスの中に3つ、4つと溜まっていくなか、何がガードストーンだ、
得点にならない石ばかり作って、最後にミスショット、相手に3点、4点と献上する。
 どう考えても、後攻なら負けるのはおかしい。
 運よく、3点リードできたら、交互に1点づつ取って必ず勝てるハズなのに???
「そだね~」 カーリング女子は「ついてる」としか思えない。 そのツキでメダルをゲットしろよ、今年の流行語大賞は決まったようなものだ、「そだね~」