bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

オリンピック開幕

 いよいよ、始まりますね。 冬季オリンピックで思い出すのは、何と言っても、長野の
団体ジャンプですよね。 と、ここで調べてみると、長野オリンピックは1998年、
ひょっとしたら今の若い人たちは、今中継で解説をしている原田雅彦のあの感動のシーン
の名言を知らないのかも。 是非、ユーチューブで観てもらいたいですね。
「ふなきぃ~~~」 いつ観ても笑えます。
 ところで、前回の冬季ソチオリンピックは、2014年2月7日開幕でした。 では、
開幕直後、中央競馬ではどんな結果になっていたであろうか。


2014年 2月8日 (土)


 2回 京都 3日 
      11R すばるステークス  1着 5枠 09番 ベストウォーリア
 1回 小倉 1日
      11R 早鞆特別      2着 5枠 09番 ポイントブランク
 東京は、雪で順延となったが、2月10日に施行された。


 1回 東京 3日
      11R 白嶺ステークス   1着 5枠 10番 レーザーバレット
                    3着 5枠 09番 ブロードソード


オリンピック開幕を祝って、5枠を馬券の中心としていた。 今年もそうなるという
保証など、どこにもないが、それは枠順を作る人の遊び心でしょう。
 昭和天皇が崩御された時は、黒の2枠が続いたし、東北の震災時の皐月賞もそうだ。
 バカボンは、ある掲示板に書き込んだ、「2枠が必ずや馬券になるであろう。 もし、
JRAが前向きに考えるならば、グリーンスピリットJRAの6枠かもしれない。」と。
 はたして、その結果は、
 第71回 皐月賞
          1着 6枠 12番 オルフェーヴル
          2着 2枠 04番 サダムパテック


 枠連は昭和の馬券かもしれないが、8つの色には、それなりの意味があると考えたい。


 ★ 先日紹介した、ミヤビララ も凄かったけど、今週も「何だ、つぃみは!!!」
  な馬が出走するので書いておきますね。 
  でも、馬券になるかどうかはわかりません。 まずは、ミヤビララ の結果から。


       4R           5R          6R
11番             ナリタハーデス  1着
12番 タガノプレトリア 2着 ミヤビララ       ディープインラヴ 3着
13番             ロードマドリード 2着
 
 ★ ネリチャギ
   ネリチャギって、面白い名前でしょう。 テコンドー用語の「かかと落とし」
  なんですね。 つまり、前の人物の頭に ゴッツン 、これを頭に入れておいてね。


 1月20日 京都3R 


       2R          3R
09番               フラミンゴ      2着
10番 ロイヤルパールス 1着   ネリチャギ 
11番               エイシンデルフィー  1着


 1月27日 京都6R


       5R          6R
05番               レインボーナンバー   2着
06番 ウインルチル  2着    ネリチャギ
07番               アリストライン     1着


 バカボンは、3歳か4歳か多分そのへんからだと思うが、剣道をやっていた。 なんせ
こわいオヤジで、嫌でもやらされていましたね。
 小学生になったころは、いつも相手は中学生。「メン」 など取れるものでない。
そこで考えたのが、「コテ」 しかも、「始め」の合図で相手が声を発っしようと息を
吸った瞬間を狙っての「コテ」。 ほぼ、1本は取れる。 しかし、剣道の場合2本取らないと勝ちにはならない。  「コテ」作戦は、2度は通用しない。 「ドウ」を狙う
しか方法はなかった。 高校時代まで、「メン」など取った事ね。
 もう一つ面白い話は、オヤジの7段だったか8段だったかの昇段試験での話。
 意気揚々と京都から帰ってきた。
「2本取った。受かるだろう。」 結果はどうなったと思いますか。
 不合格、落ちました。 オヤジも考えたんだろうね。 翌年、また京都へ。
「オヤジ、どうだった?」
「全力で、1本取りにいったよ。 それから、相手に1本取らせた。」
結果は、合格であった。
 もう、7段とか8段の世界は、実力ではない。 名誉職とでも言おうか、心技体の
三位一体を評価されるんでしょうね。 自分の事だけでなく、相手も思いやる。
 だから、実力なら4段とか5段の人が一番強いのだと思います。
 つまらぬ昔ばなしとなりましたが、例えば競馬で、ほぼ確実に1本取りにいくなら
どのレースが一番良いと思いますか。
 バカボンなら、最終レースですね。 普段は、やらないようにしてるのですが、
12Rというのは、前のレース結果も、後ろのレース結果もすべてのデータが揃っている
レースという事ができる。
 徹底的に調べて、12Rだけで戦ったならば、必ず勝てると思いますよ。
 昔は、障害しかやらない。 そんな人もいましたが、障害馬なら限定されるし、
 それも一つの手ですね。 とにかく、自分の馬券哲学を持っている人は強いですよ。