bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

シュレーディンガーのネコ

 箱の中に一匹のネコを閉じ込める。 内部には毒ガス入りのビンと放射性元素、それに
放射線検出器も入れておく。
 放射線元素が崩壊すると放射線をとらえた検出器が信号を送り、毒ガスのピンを割って
ネコは死んでしまう。
「箱を開けるまでネコは生きている状態と死んでいる状態の重ね合わせの状態にある。」
 だいたい、そんな話なんだが、競馬にたとえると統制数字とか起点サインなんかがそんな感じなんですよ。
箱を開けるまで、ネコが生きているのか死んでいるのか分からないのと同様に、統制数字も当たるのか外れるのかはレースが終わってみなければわからない。
 とある有名な有料サイトで外した本命馬に関して、いくら今までこれだけの数字がこの
馬を指していた。 なんて言われたところで、金を出して情報を買ってる人たちにとって
は納得のいくものではない。
 プロ(金を取って予想する。)なら、的中するのが当たり前だ、と考えてほしてい。
その点、バカボン予想はイイカゲンな予想ですから、気に入らなければ見なけりゃいい。
ただ、それだけのこと。 バカボンは、予想を生業にしている訳ではない。
 最終的な決断は、やはり前後のレースも含めた3レースを中心に検討すべきなんじゃ
ないかなと思う。
 そうそう、思い出しました。 ホープフルステークスは、バカボン マル秘起点サイン
の 05番トラインと12番ジュンヴァルロの2頭をタイムフライヤーの相手に3連複で
いく予定でしたが、11番も12番も出走取り消しがでたので止めました。
 トラインは競走中止ということで、走っていたらどうだったのかは分かりません。
馬連のみの的中でした。
 トライン 馬名の意味は、三位一体 です。
メインレースも、10R、11R、12Rでトラインと考えています。
 ただ、小技のテクニックとしては統制数字や起点を調べることは重要なことで、毎週
欠かさず実行しなければならない。
 9R以降3場開催ともなれば、それはそれは大変な作業です。 一人でやるのには限界
を感じます。 調書では、確かに一番指名の多い馬でも9番人気じゃな~~。
 初富士ステークス の  サトノスティング 単勝 4、280円
土曜日は、そんなレースが2、3ありました。 
 たまには、無責任にこんな感じの馬を本命にすることもありますので、あしからず。
 てな訳で、土曜日はまだ良いのですが、日曜日のレースについてはデータ整理が追いつ
かないので、WIN5 該当レースのみの予想とします。
 あまり期待されると、プレッシャーでバカボンのかわいらしい小さな胸が押しつぶされ
そう。 なんてね、誰も期待なんかしてないんだけど、バカボンが何を考えているのか、
つい癖で覗きたくなるんでしょうね。
 今週のデータ整理が進まないので、今日も「つなぎ」の内容となりました。 失礼。