bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

思い出のレース 19 第29回 AJCC

★ 枠連 4-7 は、1枠出現の前兆


 馬連、馬単、3連単と枠連など考えたこともない現代人達にとって、まったく気にもとめていないであろう 枠連4-7 という出目。
 今から30年前、オカルト馬券の元祖 高本公男氏 が本に書いていたこの1ページが
とんでもない大金を生んだ。 それが、第29回 アメリカジョッキークラブカップ
である。
 当時、バカボンは気の合う連中と音楽関係のプロダクションに所属していた。
同時に、自身は、起業したばかりでお金はいくらあっても足りない状態であった。
「よし、競馬で金作るぞ。明日はみんなで競馬に行こう。」


第29回 アメリカジョッキークラブカップ


  1枠 01番 キタノイチジョー    7人気   前走 900万 1着
  2枠 02番 ハーバークラウン    8人気   前年 AJCC 2着
  3枠 03番 サニースワロー     3人気   ダービー   2着馬
  4枠 04番 スダホーク       5人気   阪神大賞典  1着馬
  5枠 05番 カシマウイング     2人気   前走 有馬記念 6着
  6枠 06番 ユーワジェームス    1人気   前走 有馬記念 2着
  7枠 07番 アイアンシロー     6人気   当年 金杯  1着馬
  8枠 08番 メジロフルマー     4人気   ターコイズS 1着馬


今、改めて枠順を観ると8頭立てだったんだ~~
 AJCCは、残念有馬記念とでも言おうか、有馬記念の負け馬が出走してきた時
要注意である。
 このレースでは、2着に負けたユーワジェームスが当然のように人気になったが、
勝ち負けしてきた馬よりも、掲示板を外した馬の方が面白い。
 2010年の1着ネヴァブションは有馬記念12着であり、2着のシャドウゲイトは
有馬記念で9着であった。
 この2頭で決着しても、馬連は万馬券なんだから笑っちゃうよね。
さて、前年も5枠にいたカシマウイングを本命とみていたが、相手が決まらずにいた時
7Rぐらいに 枠連4-7 がでた。
 「ムムッ、」 1枠を観ると キタノ「イチ」ジョー ではないか。
若いころのバカボンは、ハチのムサシで、向こう見ず。 即決でイケイケ。
「よし、1-5だ。」 今なら、1枠ながしで考えるのだが、その頃は10万円1点買い
が基本スタイルでした。
            結果、1着 05番 カシマウイング
               2着 01番 キタノイチジョー


            枠連 1-5    5、680円


 バンドの仲間が4人いたので、後ろでガードしてもらい払い戻ししました。
30分ぐらいかかったんでないかな、ひじょ~に長く感じました。 足はガクガク。


 それから、1ケ月もたたない2月14日。 10R テレビ山梨杯
 この日も、5Rで 枠連4-7 がでた。 
「ムムッ。」 どこかで1枠が穴をだす。 そう思って新聞をみてると、10Rがピン
ときた。
 テレビ山(サン)梨杯 に 1枠01番 モンテ(サン)オー
            結果     枠連 1-5    3、0Ⅰ0円


高本式は、なんでもありの楽しい馬券術。 勝てば官軍負ければシカト。
えっ、今年の中山金杯ですか?
 10Rジュニアカップで、テンクウ ー パルマリア の 枠連 4-7
 を予想した時から 金杯の 1枠 ウインブライト は来るなと思っていたし。 
 この 第29回 アメリカジョッキークラブカップ を思い出していた・・・。