bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

今週の重賞 阪神カップ

 数ある重賞競走の中で阪神カップほど記憶に残るレースはない。
キンシャサノキセキとでも言おうか、2年連続で3連複で5万馬券、13万馬券をゲット
できた相性の良いレースで、まさに仁川の軌跡である。
 今年、第12回の再スタートとなる開幕戦、まして祝日開催ともなれば、まずはゾロ目
を頭に入れておきたい。
 先日も書いた様に、開幕戦では重賞に足跡を残している馬は1着とはなりずらい。
オープン入りした、ピカピカの1年生 モズアスコット あたりが有力ではないだろうか。 表裏のゾロ目がねらい目か。
 あまり、時間もないのでアットランダムに思いついたところから書いてみましょう。


1.1400M 重賞 統制 正逆121番


  阪急杯               逆121番  ナガラオリオン    3着
  報知杯フィリーズレビュー      正121番  ゴールドケープ    3着
  ファルコンステークス        正121番  コウソクストレート  1着
  京王杯スプリングカップ       逆121番  レッドファルクス   1着
  ファンタジーステークス       逆121番  アマルフィコースト  3着
  京王杯2歳ステークス        逆121番  タワーオブロンドン  1着


  18頭なら、 06番、13番


2.阪神3日目・7日目 統制 正逆27番


  3回 阪神 3日 安芸ステークス     正27番 キャプテンシップ  1着
        7日 垂水ステークス     正27番 エテルナミノル   2着
                       逆27番 タツゴウゲキ    3着
  4回 阪神 3日 オークランドRT    正27番 ゴーインググレート 2着
        7日 神戸新聞杯       逆27番 サトノアーサー   3着
  5回 阪神 3日 リゲルステークス    正27番 レッドアンシェル  1着


  18頭なら、09番、10番


3.関西2日目・7日目 統制 正逆49番


  4回 阪神 2日 セントウルステークス  正49番 ファインニードル  1着
        7日 神戸新聞杯       逆49番 レイデオロ     1着
  4回 京都 2日 オパールステークス   正49番 ヒルノデイバロー  2着
        7日 菊花賞         正49番 キセキ       1着
  5回 京都 2日 みやこステークス    逆49番 テイエムジンソク  1着
        7日 京都2歳ステークス   逆49番 グレイル      1着
  5回 阪神 2日 逆瀬川ステークス    正49番 サトノアリシア   1着


  この流れは強いですね、18頭なら 06番 13番 です。


4.阪神タイトル 統制 正逆22番


  2016年 阪神JF           正22番 レーヌミノル    3着
        阪神カップ          正22番 イスラボニータ   2着
  2017年 阪神大賞典          逆22番 サトノダイヤモンド 1着
        阪神牝馬ステークス      正22番 ミッキークイーン  1着
        阪神JF           正22番 マウレア      3着


  18頭なら、04番 15番


5.奇数年 偶数開催は、阪神JFの2着馬番が使われる


  こう書いてから、調べながら書きます。 よって、年を遡っていきますね。


  2015年 阪神JF 2着  正13番 逆06番 ウインファビラス
        阪神カップ    正13番      ロサギガンティア   1着


  2013年 阪神JF 2着  正10番 逆09番 ハープスター
        阪神カップ    正10番 逆09番 リアルインパクト   1着


  2011年 阪神JF 2着  正11番 逆08番 アイムユアーズ
        阪神カップ    逆11番 正08番 フラガラッハ     3着


  2009年 阪神JF 2着  正06番 逆13番 アニメイトバイオ    
        阪神カップ    逆06番 正13番 プレミアムボックス  2着


  1週違いのレースで、同じ阪神タイトルならば、あり得るリンクだと思います。


  2017年 阪神JF 2着は、 正07番 逆12番 リリーノーブル


6.バカボン起点調書
  歴史が浅いレースのせいか施行回数による起点はみつけられませんでした。
  項目5の阪神JF2着馬に注目していましたら、どうやらその馬番の起点が成り立ち
  そうです。
★ 阪神JF2着馬馬番 起点52


  第5回 阪神JF2着馬 04番 起点52 04番 マイネルフォーグ  3着
  第6回         11番      08番 フラガラッハ    3着
  第7回         07番      10番 ガルボ       2着
  第8回         10番      07番 クラレント     3着
  第9回         11番      08番 リアルインパクト  1着
  第10回        13番      13番 ロサギガンティア  1着
  第11回        18番      15番 フィエロ      3着


  今年の阪神JF 2着は、07番ですから、 18頭の場合起点52は、
     04番 か 10番 になります。


さあ、これで有馬記念に集中できそうです。


そうそう、ニャロメさんは、結構競馬歴が相当ありそうですね。 バカボン理論は
なんでもありです。 まずは全体をとらえて、前後左右の検証になります。
 ハズレても、ハズレても自分の理論を信じるとでもいいましょうか。
3と7の組み合わせ、07番に川田が入れば買い続けます。10月、11月で07番の
川田で10万はヤラレてましたが、ここ2週間で取り返したということです。
 02番、06番、12番に蛯名や武が入れば必ず買うし。04番に北村が入れば買います。 毎回当たる訳ではない。 高本公男さんの2分の1の世界です。
 細かいテクニックを言うなら、12Rにおける川島信二の過去5走ぐらい調べてみては
いかがでしょうか。 21と77がヒントです。