bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

チャンピオンズカップ 考察2

 中京競馬場に移行し、チャンピオンズカップと名称が変わったのは 第15回 からである。 つまり、そこが始まりなのであるが、 第15回 ではいったい何が起こったのであろうか。
 まず、その前年 第14回 の結果を覗いてみましょう。(必要なところだけね)


第14回   2着 4枠 08番 ワンダーアキュート   
          3枠 05番 クリソライト      3歳馬
       3着 3枠 06番 ホッコータルマエ


第15回      4枠 07番 サンビスタ
       1着 4枠 08番 ホッコータルマエ
          2枠 03番 クリソライト
       2着 2枠 04番 ナムラビクター
          6枠 11番 ワンダーアキュート
       3着 6枠 12番 ローマンレジェンド
             13番 カゼノコ        3歳馬


第16回      2枠 03番 ワンダーアキュート
       1着 2枠 04番 サンビスタ
       2着 1枠 01番 ノンコノユメ      3歳馬
       3着 1枠 02番 サウンドトゥルー
             
第17回         07番 ラニ          3歳馬
       1着 5枠 08番 サウンドトゥルー
          5枠 09番 ノンコノユメ
       2着 2枠 02番 アウォーデー


一度に複数の事を示そうとすると、かえって分かりずらいですね。
ポイント1は、3歳馬の隣が注意であること。
ポイント2は、前年度1着枠、2着枠にいた馬及び今年その馬がいる枠に注意という事。
 今年該当するのは、
          2枠 04番 ノンコノユメ
          6枠 11番 アウォーディー
          7枠 14番 サウンドトゥルー


 つぎに、不思議でしょうがないのだが、みやこステークス 1着馬の枠は消し。
開幕戦の第15回で示されたことなので、JRAの決め事。


          第15回 8枠 インカンテーション
          第16回 8枠 ロワジャルダン
          第17回 8枠 アポロケンタッキー


全部、アウチです。 一方、武蔵野ステークスの方は、第16回で1着のノンコノユメ
が2着にきてるだけ。 しかし、今年は1着馬のインカンテーションが出走してないから
武蔵野ステークス組は全部消しです。
 では、どのルートが馬券になるのか?
ズバリ、JBCルートです。 馬券圏内にいた馬の枠 とまで枠を広げておきます。


  第15回 1着 4枠 ホッコータルマエ 同枠 JBCL 1着
       2着 2枠 ナムラビクター  同枠 JBC  2着
  第16回 1着 2枠 サンビスタ       JBCL 2着
       2着 1枠 ノンコノユメ   同枠 JBC  2着
  第17回 1着 5枠 サウンドトゥルー    JBC  3着
       2着 2枠 アウォーディー     JBC  1着


 今年の該当馬、1枠 01番 コパノリッキー   JBCS 2着
        1枠 02番 ケイティプレイブ  JBC  2着
        2枠 03番 ミツバ       JBC  3着
        7枠 14番 サウンドトゥルー  JBC  1着
          
初見 予想
 7枠にみやこSの勝ち馬、JBCの勝ち馬しかも昨年の勝ち馬サウンドトゥルー と、
いかにも「ここから買いなさい。」 みたいな枠順なので、当然7枠からは買いません。
 軸馬としては、5枠10番の キングズガード を挙げておきます。
 高松宮記念と1800Mの統制に加え、何と言っても、ゴールドと武 豊 のサンドが
今年1番のポイントでしょう。
               5枠 10番 キングズガード   A
               2枠 03番 ミツバ       B
               1枠 02番 ケイティブレイブ  C
               1枠 01番 コパノリッキー   C


               7枠 13番 テイエムジンソク
               7枠 14番 サウンドトゥルー


以上、6頭としておきますが、前後の枠順検証で変更することはおおいにあり得ます。