bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

新潟記念 後記

 先週の「サマー2000シリーズ」で予言したように、07番カフジプリンスが3着に
頑張ってくれました。 直線では、ズルズル下がっていったように観えたのであきらめて
ましたが、ゴールでは、「あれ、青帽だよな、フルーキーが来ちゃったのかな」と、見直しました。 結果的には、オーライでした。
 おかげさまで、今週も生き延びたかい。って、感じです。
 土曜日はマイナスになってしまったので、日曜日はわざと寝坊をして、午前中の参加は
控えました。 ほとんど、カフジプリンスの複勝1本に絞りました。
 下手な鉄砲的な買い方では勝てません。 的を絞ってドンといく。
 前日負けた日は、この買い方に徹しています。
 北九州記念で大幅にプラったことで、自分自身買い方が荒くなったのを感じていました。 今一度、気を引き締めないと負け組みに突入しそうな気がするからです。
 さて、1着はタツゴウゲキ
枠順をみて、最初に異様に感じたのが1枠である。
小倉記念と函館記念の1着馬が同居している。 「何だ、つぃみは!!」 ですよね。
ハンデ戦の基本。 ハンデ戦の勝ち馬が再び勝つ時は、ゾロ目を作る。
 正直、01番ー02番の馬連は、買いました。 どっちが、1着であろうと、どちらか
が勝つのであれば、ゾロ目の1-1だと考えたからです。
 結果からいうならば、2着3着を表裏ゾロ目としています。
 ブログの予想には買い目を入れていませんでしたが、ワイドの07-11も01-07
も的中できました。2,900円も5,540円も充分高配当だと思います。
 残念だったのが、3連複、農林水産省賞典なんだから、6枠か8枠、特に6枠の2頭
に絡ますべきであった。
 当日の10番人気は、17番のウインガナドル
 起点29は、06番ハッピーモーメントか11番アストラエンブレム
11番を買い目に加えたのは、そのためであるが、その時も「ゾロ目にする理由なんて
ないよな。」 と、いうことで、1枠の馬が勝つことなど考えなかった。
 小倉のチャンピオンが新潟のチャンピオンかい、ほな秋の天皇賞勝たにゃあかんでよ。
 今週の重賞レースにも、当日の人気を利用するサインが多々あるが、ぎりぎりまで結論
をだせないので、PATでないと無理ですね。 他の手を考えましょう。


 当たった時ぐらい、ホラ吹きますで~
 簡単なカタカナサインを2つ。
1.流れを遮る馬。
  アイウエオ とか カキクケコ って、進みますよね。 その流れに割り込んでくる
 馬が怪しい。 「怪しい」の表現は、海物語(パチンコ)でいうなら、なかなか当たら  ない、が正しいかもしれないが。


   06番 「ハ」ッピーモーメント  角居「勝」彦
   07番  カフジプリンス             3着
   08番 「フ」ルーキー      角居 「勝」彦


2.5本指の中心
  大サンドとでも言うか、これは結構強いサインです。


   09番 スピリッツミノ「ル」
   10番 ソールインパク「ト」
   11番 アストラエンブレム         2着
   12番 マイネルフロス「ト」
   13番 トーセンバジ 「ル」


★ 3場開催が終了しホットしております。 正直、プロじゃないので3場の特別戦を
  全部真剣に調べるのは無理です。
  メインレースが中心となりますが、JRAの胸三寸、こちらの予想に必ずしも答えて
  くれる訳ではない。
  自分自身、予想はしてもすべてのレースを買うわけではないし、これからは何か考え
  ないといけないかな。
   昔の取り巻き達は、「ハズレてもいいんだ、考えだけ教えてくれ。」
  自分達で、判断して、ノルかソルかを決めてくれた。
   最近は、どうも丸ノリの人が多くて、各自の判断力に欠けているようだ。
  バカボン予想は当たらない。 そのぐらいの気持ちで楽しんでください。