bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

ダブルキー(壁)サイン (再)

縦接触の2組の騎手がいる場合、そこが壁となって壁のインコースの馬が連対する。
昨年、発表したサインであるが、最近は簡単に壁の内側2頭で決まることは少なくなった。 しかし、そこに壁を設置(?)したということは、何らかの意味があるもの
と解釈したい。
 2回新潟4日 8Rと9Rに壁を発見した。 その結果は


     8R             9R
05番         柴田大知               柴田大知
06番 アルーフクライ  2着



09番                 キークラッカー 1着
10番         岩田康誠               岩田康誠


壁のサインは以上である。


またまた、簡単に終わってしまったので、パチンコのお話。
現在、嵌まっているのが「海物語」のジャパンっていうのかな、よくわからないが、
とにかく、当たりのパターンがいろいろあって飽きない。 へー、こんなのもあるんだ、
面白いです。
 「リーチがかかれば」のアナウンスがあったとき、だいたいは、リーチが
かからないのですが、今までリーチがかかれば100%当たっていました。
 ところが最近、2度ばかりこんなのがありました。
「リーチがかかれば」 間をおいて、「ワクワクするよ」
そりゃ~、ワクワクしますがな、しか~し、外れました。
もう1つ、
「リーチがかかれば」 「お魚さんに会えるかも」
確かに、魚群が走りました。 てっきり、当たるものだと思ったら、はずれました。
おもわず、「何だ、つぃみは!!!」 叫びたくなりました。  チャン、チャン