bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

カク地の馬は 1Q84の馬

 函館2歳ステークスが終わりました。
 バカボンの軸馬は4着となりましたが、何とか3連複は的中し大幅にプラスとなりました。 最近、メインレースは自信がないんですよ。 それで、枠連のボックスとしてるのですが、4枠については、もしかしてのKYを働かせているわけです。
 すでに、安田記念や宝塚記念の時に書いているように、カク地の馬は、
「何だ、つぃみは?」の1Q84の馬なんです。 今年の、カク地の馬は、
             5枠   正09番 ヤマノファイト
ただ1頭。 よって、同枠 5枠    10番 ダンツクレイオー
          逆番 逆09番 正08番 ウインジェルベーラ
この2頭には、注意が必要であった。
 まさか、15頭の12番人気の馬を軸馬です。 とは言えまい。 それで、紐候補としたわけですが。
 3連複的中の根拠は、消極的なフォーメーションにありました。
 03.07-11-02.04.07.08.09.10.12
点数は多くなったが、 3連複 07-08-11  27,510円
これは、ビックリで助かりました。 せいぜい、50倍ぐらいかなと思ってました。
 またまた、「偶然だろ。」 なんて、言ってる人がいるようですが、
まず、中京9R 渥美特別 
ここにも、カク地の馬が出走していた。
 2枠 02番 マルヨアキト
同枠の馬はいない、単頭枠ですから。 ならば、逆02番正11番は何かというと、
 正11番 タガノシャルドネ  2着
ここも、紐候補としたが、1着が10番人気では馬券など的中できない。 ちなみに、
タガノシャルドネも9番人気では、軸馬にもできなかった。


 プレイバックで、昨年の函館2歳ステークスの結果をもう1度書いておく。
本来なら、平日に書いておきたかった事項なのだが、新人さんが、まあ、やってくれるは、やってくれるは、で、ストレスの溜まりっぱなし。 余計な事はやってくれるのだが
肝心なことはさっぱりやってくれない。 同じ書類を3回も書き直しだ。 トホホ


2016年 第48回 函館2歳ステークス
 カク地の馬は2頭出走していましたが、


     6枠 正11番 逆06番 ピンクドッグウッド


     6枠  12番      レヴァンテライオン   1着
     3枠      正06番 モンドキャンノ     2着
「なんだ、つぃみは」の馬券術 これからも、注意してください。


今週は、先週の結果から思い出した事項を中心に何項目か書きます。 
どうも、いらいらして帰ってくると、ブログを書く気になれません。 ビール飲んで
早く寝よう。 と、なっちゃうんですよね。 
 ダッシュボードをみると、アクセス数が分かるのですが、申し訳なく感じてます。