bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

「何だつぃみは!」の馬券術

 宝塚記念が終わりました。 キタサンブラックは負けました。 しかし、レース前KYを実施していれば、予想できた結果ではないでしょうか。
 実際、バカボンはサトノクラウンとゴールドアクターの両方から馬連を購入しダブルで
的中する事ができました。
 では、その根拠となった事項です。
 宝塚記念と同距離、同頭数で実施された阪神7Rの結果です。
ここでも、武 豊 騎手はキタサンブラックと同じ馬番10番でヒシマサルに騎乗していました。 豊 さんもレースはしたくなかったのかな? ゲートを飛び出してやり直しと
なりました。 覚悟を決めたのでしょう。みごと、1着となりました。
 この時点で、バカボンは思わず「やった!」ですよ。 まったく、気乗りがしなかった
宝塚記念ですが、俄然やる気が沸いてきました。
 2分の1の世界ですよ。それが、割り振りというもの。 まして、GⅠレースでは、
1着を続けてとるなんて事はありえない。 キタサンは、2着以下だと判断しました。


 さて、ここで確立された「なんだ、つぃみは?」の馬券術。 すでに、何例か紹介して
いるが、1Q84の馬が馬券対象にならなくても、同枠、逆番の馬が注意である
 このことについて、結論を書いておきたいと思う。


例1 第66回 安田記念
   1Q84の馬は、もちろん 外コンテントメント
 
   5枠 正05番 逆08番 コンテントメント
   5枠 正06番      ロゴタイプ       1着


   6枠 正08番 逆05番 モーリス        2着


例2 第67回 安田記念
   1Q84の馬は、またまた 外コンテントメント


   3枠 正05番 逆14番 コンテントメント
   3枠 正06番      レッドファルクス    3着


   7枠 正14番 逆05番 サトノアラジン     1着


そして 第58回 宝塚記念
   1Q84の馬は、開幕タブー戦の勝ち馬 キタサンブラック


   2枠 正02番 逆10番 ゴールドアクター    2着


   8枠 正10番 逆02番 キタサンブラック
   8枠 正11番      サトノクラウン     1着


 なかなか、勝ちきれない外国馬の登場するレースにおいては、この馬券術が有効なの
ではないだろうか。 バカボンは、地方馬(これも1Q84の馬)が参戦するレースに
おいても基本的には、同じスタンスをとっている。


 それにしても、サトノクラウンとゴールドアクターの馬連でも、5,250円
やっぱ、競馬は止められそうもありませんね。