bakabonbakenのブログ

的中馬券指南と今日のお勧め。

キンタロー。やるな~

 先週の金曜日でしたっけ、金スマ社交ダンス部2018!

 番組情報を知らないで見過ごしてしまったのですが、
「2018ダンススポーツグランプリin大阪」で、強敵名越ペアを破って優勝したんで
すね。 今の彼らの実力からすれば当然かもしれませんが、いや~すごいですね。


 バカボンは、とにかく発表会だ、大会だの類は嫌いなんですよ。 本質的に目立つのは
嫌いな方で。 なんて、昔のバカボンを知ってる人なら絶対「嘘だ~」と言うかもしれないが、立場上、文化祭などでは踊ったが、大会は一切拒否した事も知っているはずだ。
 ところが、サプライズで一度だけ大会に無理やり参加させられたことがある。
それは、普通のダンスパーティーでのサプライズであった。


 その日は、バンドの方が中心だったのでダンスシューズも持って行かず、息抜きに踊り
始めた時だった。
 急に、タスキを掛けられた。 多分、全部で30組だったのではないかな。 そして、
「 只今より、ダンス競技大会を行います。 今、タスキを掛けられたペアは残ってください。」
「何! あいつら目、とんでもない企画を計画したものだ。」
あいつらとは、若いプロたちで、パーティーを盛り上げようと計画したのだろう。
 靴は、普段の靴。 すべりは悪いし、本当はこのフロアに入っちゃいけないんじゃないの。 パートナーは、以前踊ったことがある人なので、癖は知っているが、教室が違うのでルーティーンは違う。 男性のリードだけが頼りとなる。


 曲はタンゴだった。 よかった、これがラテンなら、革靴ではちょっときつい。
一つのフロアで30組がごった返して踊るのはプロもアマチュアも一緒。
 当然、自分たちが普段踊っているルーティーンで踊ろうとすれば、進行方向に人がいて
前には進めない。 立ち止まっていれば、減点される。
 素早く、他のステップを入れて危機回避しなければならないが、相手の技量でそれが
可能かどうか決まってしまう。
 モダン(今はスタンダートって言うのかな)の場合は、ボディーコンタクトが重要で
パートナーのボディと接触していることで、リーダーの意志を伝える。
 ところが、相手が遠慮してボディーコンタクトを避けると、腕で無理やり引っ張る事
になりプロがみたら完全にアウチ。
 多分、相手はシルバー1級程度の女性だったんじゃないかな、結構、スムーズに踊れ
た感じがした。
 いよいよ、結果発表。
第10位 から、△△賞  景品が貰えた。
 あれ~、着外かな。 名前、呼ばれませんね~
第6位からは、入賞者ということで、賞状が配られた。
 バカボンペアは、第6位でした。 
 まあ、にわかペアじゃしょうがない。 賞状は、相手の方に渡しました。
「ボクの事、忘れないで覚えていてくださいよ。」 とかなんとか、言っちゃてね。
「忘れませんは、ありがとうございました。 これで、主人に理解してもらえそう。」
 そうなんだよね、カミさんがダンスなんかしていると、ダンナは面白くないし、
良からぬ想像をするんだよね。 だけど、それって、まだそこに 愛 があるからなんじゃないのかな。 何も言わなくなったら、諦めましょうネ。


 終わってから、プロの連中に(普段から、顔なじみでお友達感覚)
 「言っといてくれよ!  靴だってさ、ホラ、普通の革靴だよ。」
 「バカボンさん、だから良かったんじゃないですか。」
 「このやろう! 誰が、考えたの? 企画としては、面白かったけどね。」


 夏が過ぎ、涼しくなると各地でダンスパーティーが始まる事だろう。
 もう、何十年も踊ってないな。 最近は、競馬漬けじゃ。
 だけど、曲を聴けば体は自然に動き出す。 まだまだ、現役。 体型も、30代の頃と
 大して変わってない。 歳だけは確実にとっているのだけれど、気持ちも、オツムの方
 もあまり変わったような気がしない。 物忘れは、アルアルかな。
  バカは長生きするって、本当かもしれないな~
 そうだ、70歳になったら、バカボンもシニアの大会にでようかな。
 たっぷり、トレーニングの時間はある。 ムムッ、その前に息絶えてるか?
 大丈夫、大丈夫! 長生きホルモンが増加してるんだって!


 

朝日のあたる家

 「ねえ、ケン。 お父さんは何をしているの?」

「マザー。オヤジですか? オヤジはギャンブル狂でね、ニューオーリンズに入り浸って
ましたよ。 なんだか、バカボンの競馬予想は当たるからってね、いつもスーツケースと
トランクを持って、競馬場に行ってましたよ。 バカボン予想だって、へっ、あんなもん当たる訳ないよ。 帰ってきたら、いつも酔いつぶれてましたよ。」
 「そう、じゃぁお母さんは、何をしているの?」
「おふくろですか、仕立てをやってます。小さいころ、僕にブルージーンズを縫って
くれました。」
 「まあ、優しいお母さんなのね。」
「でも、貧乏に耐え切れず、つい魔が差したっていうかな、麻薬に、窃盗、強姦に最後は
人まで殺めてしまった。  何の計らいかわわからないけど、ここへ送られてきたって訳さ。 ところでマザー、何でここは「朝日のあたる家」なんて呼ばれているの?
 最初はさ、きれいな山の上にある、広い一軒家を想像してたんだけど、まるで廃墟じゃ
ないですか。 若くて貧しい子供達ばかりが集まってさ。
  女どもには、まるで「娼婦の館」、男どもには、「監獄」ってとこかな。」
 「ケン、いいこと。 過去は過去なのよ。
  これからの人生、そうね、太陽がまた昇って行くように、
 「朝日の昇る家」って呼ばれるようになったのよ。」
「マザー、あいつらに言ってくれよ。 決して、オレがしでかしたことをするなって。
 罪と惨めさの中で、生涯を送るなよって。」
 


 バカボンが大学時代ボーカルを始めたころ、どうしても歌いたかった歌が、
アニマルズの「朝日のあたる家」です。 
 スローな曲だったので、歌詞も覚えやすかった。
 作業をしている間、BGMにユーチューブを聴いていたら、これが入ってました。
とても懐かしく、なんだかちょっと触れてみたくなりました。
 多分、全世界でナンバーワンのヒットチャートを獲得した曲だと思います。
 ぜひ、一度ご視聴ください。

イヴ様、ナイスルッキング

 タイトルと内容については、わかる人だけ分ければよい。

バカボンが惚れたサラブレットと言えば、1974年の日本ダービーを勝った
コーネルランサーぐらいかな。 金色に輝く四白流星のそれは綺麗な馬だった。
 430K台の小柄な馬であったが、その勝負根性たるや「アッパレ!」の一言。
 走り方も綺麗なんだよね。 
今の人達は当然知らないと思うけど、安田記念を勝った ハクホウショウ なんかは、
本当にきたない?走りをした馬だった。
 まあ、今じゃ考えられないけど、61Kgのハンデを背負ってオールカマーを勝つような馬だから、そんなお上品には走れませんよね。
 今日のメインは、サラブレッドではなく、犬の話をしようと思う。
恋多きバカボンは、実は犬にも一目惚れしたことがある。 とうとう、性別を聞き損ねたが名前は 「ノンノン」 、てことは、メス でいいのかな?
 ある開業医の所で飼われていた犬だが、初めてバカボンがお邪魔(自宅の方)した時に
いたのが ノンノン であった。
 一目見て、「カワイイ」 思わず、抱き上げていた。
多分種類は ミニチュアシュナウザー だと思う。 ドイツ系の犬であることは確かだ。
 ネットでいろいろな写真を見たけど、ノンノンより可愛い犬はいなかった。
 ちなみに、イヴ様 かわいいですよ。 気位が高いというか、多分、仲良くなれそう
なワンちゃんなんですがね?
 ノンノン もバカボンが気に入ったらしい。人によって、態度がまるで違うと飼い主が
言っていた。
 遊びに行ったわけじゃないので、いつまでも犬と戯れている訳にもいかず、残念だが
別室の方へ入った。
 気になって、そっと襖を開けてみたら、そこに ノンノン がいるじゃありませんか。
もう、可愛くて可愛くてしょうがない。
 相思相愛かな? 「お前、人間だったらよかったのにな。」
 毎週、用事があってそこに出向くのであるが、玄関に入るといつもそこには ノンノン
がいた。
 お母さん曰く、「バカボンさん来たらすぐにわかるんですよ。ノンノンがね、急に階段
を降りて行くんです。 チャイムが鳴るのは、それから1分後ぐらいかしら。」
 つまり、ノンノンは、バカボンが車を降りて歩く足音に反応しているのである。
 彼女は、足音で 愛しいバカボン が来るのをずっと待っていてくれてるのである。


 我が家でも犬を飼っていたが、バカボンが大学で東京に出ている間に死んでしまった。
それ以来、我が家では犬を飼う事はなかったのだが、例の一番最後に我が家にやってきた
兄嫁がシーズーかなんか飼い始めやがって、どこがカワイイんだシーズーなんか。
 多分、向こうもそう思っている事だろう。「誰よ、お前! 見かけない奴だな。」
 馬だって、犬だって、もちろん人間だって相性ってのがあるわさ。
 相手が動物でも、気持ちが通じるような気がするんだよね。 そうだ、昔ね
パドックで馬にきいたんですよ、「お前、来るか?」って。
そしたら、その馬縦に二回クビを振った。 そんで、みごとに1着で来たんだよね。
 えっ、ただクビ振って周回してただけだって。 
 それでもいいじゃん、当たったんだから。  何でも、いい方に考えるのさ。